説明長ぇー!

ぶっちゃけ、これはとある読者の語りだ。
「ゼスティリアはクソゲーではないの件」って詭弁?
正直、くそなが過ぎてオレですら未だに読み終わってねー!

アリーシャはライラとヘルダルフではなくスレイに希望を求めた
言い換えれば「文明に忠を尽くす」ヘルダルフではなく、「文明の破壊者」であるスレイをアリーシャは必要としていることを意味している
これは「自分の体を粉々に壊してほしい」と言う思いがアリーシャの中にはあることを意味している
言い換えれば「自分を殺して」と言う思いがアリーシャの中にはあることを意味している
これは何を意味するのかと言うと「アンドロイドの両親と共に生きる」より
「あの世に旅だった実の両親のところへと旅立ちたい」と言う思いがアリーシャの中にはあることを意味している
ヘルダルフを選ぶとは「アンドロイドの両親を愛する」を選ぶことにもなるからである
なぜなら「アンドロイド」とは「文明の産物」だからである
アンドロイドの両親を愛するとは「アンドロイドに支配される」つまりは「文明に支配される」を求めることを意味している
つまりヘルダルフを選ぶとは「文明に支配される」を求めることを意味している
そしてアンドロイドの両親をアリーシャは否定しなかった
アンドロイドの両親を否定するとはアンドロイドの両親を「使えないやつ扱いする」を意味する発想
言い換えれば「文明を支配する」をアリーシャは目指すことを意味している
つまりライラを求めるとは「文明支配」を求めることを意味している
つまり「文明支配」及び「文明に支配される」をアリーシャは求めていないことが判明する
だからこそ「文明の破壊者」であるスレイに希望を求めた事を意味している
言い換えれば「通常の受けて」がアリーシャ贔屓をしている真相は
「あの世に旅だった実の両親のところへと旅立ちたい」と言うアリーシャの思いに「共感」したのが真相だと言うことを意味している
これは「世界で一番好きなのはパパとママ」がアリーシャのなかにはあることを意味する願いである
そして「神衣をやってみたい」とアリーシャが願ったとは
「性行為ありきの付き合い」と言うものに対しアリーシャは理解できると言うことでもある
つまり「普通の人の体は金属で出来ている」をアリーシャは証明したのである
つまり「人間の体は金属で出来ている」をアリーシャは証明したのである
そして「通常の受けて」がアリーシャ贔屓を行うとは「普通の人」であるアリーシャに「共感」したことを意味している
つまり「通常の受けての体は金属で出来ている」を「通常の受けて」は白状したことを意味している
つまり「人間の体は金属で出来ている」を「通常の受けて」は証明したのである
言い換えればアリーシャと同じ体をしているロゼとミクリオも「普通の人間と普通の天族」だと言うことをも意味している
そして「文明と共に生きてこそ人類」上における「金属の体を続ける」とは「善行」である
つまり「人間の本性は善」だと言うことをアリーシャは証明したのである
そして「文明支配」及び「文明に支配される」を「通常の受けて」は求めていないことをアリーシャは証明したのである
言い換えればバンダイナムコがロゼを贔屓したとは
「文明支配」及び「文明に支配される」をバンダイナムコは求めていないことをロゼは証明した事を意味している
言い換えれば「文明支配」及び「文明に支配される」とは「異常な考え」だと言うことを
アリーシャとロゼは証明した事を意味している
言い換えれば「文明に支配される」を実現させるために「自己犠牲」を行うことで「戦争と穢れと神衣の根絶」を願ったセルゲイと
「文明に支配される」を実現させるために「穢れに身をやつす」を行ったヘルダルフは「異常な善人」だと言うことが証明された
言い換えれば「文明支配」を行うために戦争を引き起こしたライラは「異常な悪人」だと言うことも証明された
言い換えれば「普通の人」が「異常な人」に希望を求めるのは「ない話」だと言うことも証明された
言い換えれば「普通の人」である暗殺者ロゼに希望を求めなければならなかった状況でもあったことが証明された
それがバンダイナムコがロゼ贔屓を行った真相でもある
そしてロゼの墓とは「普通の人が普通の人を殺すのはない話」だと言うことが証明された場面でもある
言い換えれば「主人公はスレイ」とは「普通の人はかやの外におかれる」を意味する設定だと言うことが証明された
つまり「真の最悪の事態」とは「普通の人はかやの外におかれる」が実現された状況であり
「修学と就労と納税はかやの外におかれた者がするもの」が実現された状況でもある
そして20周年記念アニメが「真の最悪の事態を促す話」だと言うことは
「文明支配」を目論むライラからの「苦情」がテーマの作品だと言うことを意味している
この「苦情」に対しスレイ達が出す答えはなんなのかをテーマにした作品だと言うことを意味している
これがアリーシャの選択の真相である

Iklan
Categories: Game, 日課 | Tag: , , | Tinggalkan komentar

Navigasi pos

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

Blog di WordPress.com.

%d blogger menyukai ini: